北海道OCDの会掲示板 76967

1 : 明日、山内惠介のコンサートです!!(1)  2 : 【家族限定】お話会と動機づけ面接DVD視聴(1)  3 : ホームページをリニューアルしました(8)  4 : やらかしました(5)  5 : 第17回 お話し会感想♪♪(5)  6 : ★**北海道OCDの会 お話会のお知らせ**☆(16)  7 : お話会のテーマ(4)  8 : 無題(2)  9 : つぶやき部屋(89)  10 : 新聞記事の紹介(18)  11 : 4月のお食事会について 2(2)  12 : 4月のお食事会について(5)  13 : DVD視聴会のお知らせ(2)  14 : 第16回 お話し会感想♪♪(8)  15 : 掲示板の記事について(お詫び)(5)  16 : お薦めの書籍・サイト(8)  17 : 叫べ~~~!!(14)  18 : 新聞記事まとめ(2)  19 : 2017 あけましておめでとう!(11)  20 : 今年一年を振り返って(5)  21 : 第15回 お話し会感想♪♪(6)  22 : 『とらわれからの自由』最新号(1)  23 : 忘年会(1)  24 : 忘年会締め切り日の変更です(3)  25 : 新聞取材について(1)  26 : 忘年会のお知らせ(4)  27 : 薬について(2)  28 : 【再】具体的な強迫観念や強迫行為(1)  29 : 具体的な強迫観念や強迫行為(74)  30 : OCD Awareness Week(3)  31 : *** 食事会のお知らせ ***(5)  32 : 第14回お話し会感想♪(4)  33 : 週末はお話会です(1)  34 : ★第13回お話し会感想♪(5)  35 : 女子会報告です(3)  36 : ありがとう♪(1)  37 : 女子会 PART2(2)  38 : 女子会のお知らせ(13)  39 : 思い出(2)  40 : 無題(5)  41 : 調子がいい日・悪い日・普通の日(4)  42 : 無題(8)  43 : 家族の思い(34)  44 : ★第12回お話し会感想♪(8)  45 : ◆アンケートのお願い◆(9)  46 : ネームプレート(39)  47 : 五月病???(9)  48 : アプリ(3)  49 : スレッドの保存件数について(2)  50 : スピンオフ(1)  
スレッド一覧はこちら
明日、山内惠介のコンサートです!!
1 名前: 山内惠介の大ファンのまこと

2017/05/25 (Thu) 20:48:25

ご無沙汰してます。最近、強迫行為が少なくなって、順調です。少し前まで昼夜逆転の生活でしたが、だいぶ改善しつつあります。仕事にも順調に行っています。明日、札幌で山内惠介さんのコンサートに行ってきます。席が前から3番目と最高の席が当たりました!!思う存分、楽しんできたいと思います。6月のOCDの会、皆様と会えるのを楽しみにしています。

  • 名前: E-mail(省略可):
【家族限定】お話会と動機づけ面接DVD視聴
1 名前: ふくざわ

2017/05/11 (Thu) 10:09:12

家族限定のお話し会のお知らせです。

今までのお話し会でもご家族の参加の場合は当事者の状態が重く、ご家族としての対応に苦慮している方が多くみられます。
私自身の経験からも 当事者の苦しみと共にご家族の苦しみを共感できる場所はとても必要だと感じています。

今回はご家族限定でお話し会を実施し、当事者との対応に役に立つであろう『動機付け面接』のDVDを視聴したいと思います。

会場が午前の予約しか取れず、遠方からの参加の方にはご迷惑をおかけしますがお許しください。

予約は必要ありません。

2017年5月20日(土)午前9時~12時
札幌エルプラザ 4階 中研修室A
参加費 200円(一家族につき・会場使用料)

  • 名前: E-mail(省略可):
ホームページをリニューアルしました
1 名前:冬虎

2016/09/16 (Fri) 11:41:28

スマホやタブレットでも見やすくすることを主眼にリニューアルしました。
ホーム画面用のアイコンも作りました。
表示の不具合など、技術的な問題はこちらのスレッドまでお寄せください。

8 名前:冬虎

2017/05/01 (Mon) 20:23:42

日常のメンテナンスの軽減を主眼としてソースコードを全面的に見直して簡素化しました。
外観に大きな変化はありませんが、ドロワーメニューなど複雑なコードを要する仕掛けは削除しました。
また、Microsoftの公式サポート終了を受けて、Internet Explorer 10以下の対応を終了しました。
WindowsおよびAndroidでの表示確認は終えましたが、Apple製品は手元にないので確認できておりません。
バグなどにお気づきの方はご一報いただければ幸いです。

7 名前:冬虎

2016/12/30 (Fri) 16:18:51

ホームページのガラケー対応を休止します。できるだけスマホと同じデザインで表示されるように努めてきましたが、アマチュアの技術ではそろそろ限界です。これによって本文が読めなくなることはありませんが、たとえば背景画像が表示されなくなるなど、装飾的な機能が無効になります。

6 名前:冬虎

2016/10/03 (Mon) 08:07:40

ホームページのメールリンクをクリックしても送信画面が開かないときの対処方法です。Webメールを使っている場合はブラウザーの設定が必要です。ここではGmailについて説明します。

Google Chrome
1. ChromeからGmailにログインする。
2. アドレスバー右端のひし形アイコンをクリックする。
3. 「許可」にチェックして「完了」をクリックする。

Firefox
1. Firefoxのメニューボタンから「オプション」を開く。
2. 「プログラム」を選択する。
3. ファイルの種類で「mailto」を選択する。
4. 取り扱い方法をクリックして「Gmail」を選択する。

Internet Explorer/Microsoft Edge
アドオンを使えば可能になるようですが、ブラウザーの標準機能ではないので説明は省きます。

5 名前:ひろの

2016/09/18 (Sun) 13:01:44

すみません、スレッド間違って書き込みました。
失礼しました!

4 名前:ひろの

2016/09/18 (Sun) 12:58:41

ショートさん、お返事ありがとうございます。

参加してみようと思います。

3 名前:ふくざわ

2016/09/16 (Fri) 15:05:47

うわっ。かわいいシロクマのアイコン!きめ細かいご配慮ありがとうございます。
ついつい開く回数が増えております。

2 名前: ゆうじ

2016/09/16 (Fri) 14:04:11

スマホから、アクセスしていますが、シンプルで、とても見易いです。パソコン上でも、表示に問題は、ありません。どうも、お疲れ様でした!

  • 名前: E-mail(省略可):
やらかしました
1 名前:ショート

2017/04/23 (Sun) 22:56:47

今日、チューブ生姜を買ったつもりでいたら、
「からし」でした。
しかも、2本。
おでんの季節は終わったし、どうしよう、
からし…。
使い道が特に浮かびません。

昔、買ったコトを忘れて、同じマンガを買った
思い出がよぎりました。


5 名前:ショート

2017/04/25 (Tue) 23:31:32

たつるさん、ふくざわさんのやらかしを
見て、ニヤリとしました(笑)

あ、もう一つ。
年末にズボンをLサイズだと思って買ったら、
Mでした。
ダイエットしたら、はけるかなあー。
今のところ、タンスの肥やし状態です…。
履く見通しはありません。

4 名前:たつる

2017/04/25 (Tue) 23:00:50

やらかしなら私にお任せくだいませ(о´∀`о)♪

この前は洗剤を入れずに洗濯を回してました…。
洗濯が終わって干すときに気がつきました…(^_^;)
30分水洗いしているし、まぁいいだろうとそのまま干しました。。

もうなんやかんや毎日色々とやらかしてます( ̄▽ ̄;)

3 名前: ふくざわ

2017/04/24 (Mon) 20:47:17

シャンプーだと思って買ってきたのがコンディショナー。
ボトルに入れてる途中で気づく。。( ノД`)シクシク…

柔軟剤のボトルにに補充したのが普通の洗剤。。( ノД`)シクシク…

食洗器に普通の食器洗い洗剤入れたらどうなるか知ってる?
泡が外側まであふれるんだよ・・・(笑)

私も色々やらかします。

2 名前:ショート

2017/04/23 (Sun) 23:00:56

今、からしの使い道ができました。

夫が納豆に使うと言ってました(^ω^)
あー、スッキリした(^○^)

  • 名前: E-mail(省略可):
第17回 お話し会感想♪♪
1 名前:世話人

2017/04/11 (Tue) 13:35:53

2017年4月8日、第17回お話し会が開催されました。

参加者
当事者 25名
家族 11名
医療従事者 4名
報道関係者 1名
合計 41名

北海道OCDの会が発足し、お話し会を開催するようになって過去最多の参加人数となりました。
改めて、この病気に関わる方の多さ、関心の高さを感じました。

今回はまず、読売新聞社記者である田中さんより、先月新聞掲載されたOCDに関する記事について報告していただきました。
次に、名古屋大学大学院生でOCDに関する研究をされていた片岡さんより、研究の報告をしていただいました。

その後、お集まりの皆さんに簡単な自己紹介をしていただき、今回初めての試みとして『強迫性障害の行動療法研究会in名古屋』というDVDの視聴会を実施しました。
(DVDの内容
・3日間の集中ERPの解説
・不潔恐怖、加害恐怖に対するそれぞれのERPデモンストレーション)

専門家向けの内容ではありましたが、ご家族も当事者もご自身の状況と照らし合わせて真剣に視聴していたのではないでしょうか。

DVD視聴後は当事者とご家族とでグループ分けし、お話しをしていただきました。

当事者グループでは、具体的な症状とDVDを見ての感想を主に語って頂きました。
DVDの感想として、デモンストレーションでは共感する場面も多く、また自分の症状に対しても客観的にみることができた、という声が多くあがりました。
DVDを見たことでERP治療を受けてみたいと思ったけれど、恐れているものに一気にチャレンジするのは逆に悪化するのでは?と不安を持った方もいらっしゃいました。
DVDを視聴したことで、それぞれに気付きや発見があったことを嬉しく思います。

*ご家族グループの報告については、また後日、追記する予定です。

今回もお集まり下さった皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

5 名前: ふくざわ

2017/04/16 (Sun) 16:29:50

家族も当事者もひと時心が落ち着く場所があることや、仲間が頑張っている姿に触れることで
OCDと向き合っていく原動力になると信じています。

それぞれの家庭環境があって症状も様々で
解決方法をマニュアル化するなんて到底無理な話なのだと思います。
それぞれが自分で解決策を見つけていくことが必要なのでしょうがそれが難しい。
でもいくつかの情報を知ることで動き出すきっかけをつかむことが可能になるはずです。

悪化を恐れて変わらなければ一生良くはならないと、度胸を据えるしかないのかもしれません。

そしてその手助けをしてくれる家族や治療者も悪化を恐れることなく、試行錯誤してほしいと願っています。
当事者もまた治療者を信じて一緒に取り組む意欲を持ち続けることが必要なのだと感じます。

強迫を耐え忍ぶ根性は、その逆境を乗り越えるだけの力を持っているはずです。
「考えるだけの天才より行動する馬鹿が勝つ。」まさにこれ。

初めて参加してくれたころと比べてどんどん顔色が良くなって、キラキラと変化している参加者さんを何人も見てきました。
お話し会を通して友人ができたり、好きなことが見つかったり、仕事ができるようになったり。
沢山の嬉しい報告も聞けるようになりました。
4年前、絶望の淵で殺してくれと叫んでいた息子が、楽しそうに友人たちと出かけ、好きなことに取り組んでいるのを見ると
決してあきらめずに動き出せば、OCDは治ると実感しています。

4 名前: 世話人

2017/04/16 (Sun) 00:35:42

追記(家族グループ)

家族の参加者に多く聞かれるのは当事者が治療に前向きになれない現状と
家族の対応についての悩みです。
どれだけ家族が情報収集しても当事者が治したいと思ってくれない。
症状に振り回される現状から一歩踏み出すにはどうしたらいいかわからない。
一方で、少しずつでも行動を起こすことで現状が変化している報告も伺えました。
会に参加することで気持ちが安らぎ、また参加しようと思えるという嬉しいお話も聞けました。

家族の参加者は当事者の症状が重篤な方が多く見られます。
それだけに家族の苦悩も深刻です。
5月20日(土)には家族限定のお話し会を開催し、家族の対応について皆さんでお話ししたいと思います。


3 名前:冬虎

2017/04/13 (Thu) 20:52:05

集団療法なども同じだと思いますが、「人前で他人を意識すること」は治療の効果を高めるのに役立つのだろうと今回のビデオを見て感じました。
お話会の参加者でも「病気を治すんだ」「具体的にこうするんだ」とみんなの前で「宣言」できる人は短期間でも見違えるほどの変化があったりします。
病気を克服するという作業は本来極めて個人的なもの。それをあえて手間暇かけて「お話会」という集団で取り組むことに何を求めるのか。
それをこれからもみなさんと考えていきたいと思います。

読売新聞の田中さんと東大大学院の片岡さんの熱意には敬服するばかりです。当事者や家族とは違う視点で啓蒙に努めてくれる仲間の存在を心強く思います。
ご多忙のなか、太田先生をはじめ、医療関係の方々も参加してくださいました。近い将来、十勝にもこうした集まりが誕生することを期待しています。
久しぶりの仲間が元気な姿を見せてくれました。「お話会があったから回復できた」という言葉にうれしくて涙が出そうになりました。
お話会はみんなで作るものだと師匠が常々口にしています。みなさんも同じ気持ちでいてくれたら、それほどうれしいことはありません。

2 名前:ショート

2017/04/11 (Tue) 23:07:20

先日のお話会は、本当にたくさんの方が
参加してくださいました。
ありがとうございました、そして、
お疲れ様でした。

DVDは、本当に自分自身をみているようで、
思わず笑いが出てしまいました。

そして、フリートークでは、私の自由が
発揮され(笑)、まとまりがなかったことを
お詫びします。
…、と言いつつ、また自由になってしまいそう(笑)

  • 名前: E-mail(省略可):
★**北海道OCDの会 お話会のお知らせ**☆
1 名前: 北海道OCDの会

2014/10/31 (Fri) 18:22:52

北海道OCDの会から お話会のお知らせです。

16 名前: 北海道OCDの会

2017/04/06 (Thu) 22:18:31

第17回 お話会のご案内
2017年4月8日(土)13:30~17:00
札幌市男女共同参画センター(札幌エルプラザ内)3階工芸室
参加費 300円(会場使用料・お菓子代)

予約不要。途中の入退室は自由。

4月のお話会ではDVDの視聴会を予定しています。
『強迫性障害の行動療法研修会 in 名古屋』(約70分)
熊本OCDの会が主催した研修会のデモンストレーションと3日間集団集中プログラムのエクスポージャーの部分(専門家向け)

15 名前: 北海道OCDの会

2017/01/30 (Mon) 22:03:26

第16回お話会のご案内

平成29年2月4日(土)13:30~17:00
札幌市男女共同参画センター 4階研修室5
札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内(JR札幌駅北口より徒歩5分)
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費 300円(会場使用料・お菓子代)
※飲み物は各自でご持参ください。

予約は必要ありません。
途中参加、途中退席も自由です。
お気軽にどうぞ。

お問い合わせ hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/

14 名前: 北海道OCDの会

2016/11/21 (Mon) 13:41:05

第15回お話会のご案内

平成28年12月3日(土)13:30~17:00
札幌市男女共同参画センター 3階工芸室
札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内(JR札幌駅北口より徒歩5分)
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費 300円(会場使用料・お菓子代)
※飲み物は各自でご持参ください。

予約は必要ありません。
途中参加、途中退席も自由です。
お気軽にどうぞ。

お問い合わせ hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/

13 名前: 北海道OCDの会

2016/09/30 (Fri) 08:04:31

第14回お話会のご案内

平成28年10月8日(土)13:30~17:00
札幌市男女共同参画センター 3階工芸室
札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内(JR札幌駅北口より徒歩5分)
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費 300円(会場使用料・お菓子代)
※飲み物は各自でご持参ください。

予約は必要ありません。
途中参加、途中退席も自由です。
お気軽にどうぞ。

お問い合わせ hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/

☆お話会の終了後に食事会を予定しています。
☆詳細は「食事会のお知らせ」スレッドをご覧ください。


12 名前: 北海道OCDの会

2016/08/02 (Tue) 07:43:18

第13回お話会のご案内

日時:平成28年8月6日(土)13:30~17:00

場所:札幌市男女共同参画センター 3階 多目的室
   札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内(JR札幌駅北口より徒歩5分)
   http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費:300円(お菓子代・会場使用料として) ※飲み物は各自でご持参ください。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。

お問い合わせ 北海道OCDの会 hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/

11 名前: 北海道OCDの会

2016/05/10 (Tue) 23:56:30

第12回お話会のご案内☆*

日時:平成28年6月11日(土)13:30~17:00

場所:札幌市男女共同参画センター 3階 多目的室
   札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内(JR札幌駅北口より徒歩5分)
   http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費:300円(お菓子代・会場使用料として)※飲み物は各自でご持参ください。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

10 名前: 北海道OCDの会

2016/03/04 (Fri) 08:30:21

*☆北海道OCDの会・第11回お話会のご案内☆*

一部: お話会
二部: 『やってみよう!エクスポージャー&儀式妨害』
講師:太田滋春先生(さっぽろCBT counseling space こころsofa)

今回は北海道OCDの会の心強いサポーターである太田先生による
「自分に合わせたエクスポージャー&儀式妨害の課題を探してみよう!!」
というプチワークショップを企画しました。
お話会と合わせて是非ご参加ください。(一部のみ二部のみの参加もOKです)

日 時: 平成28年4月9日(土)
一部:13:30~17:00(お話会)
二部:18:00~20:00(プチワークショップ)

場 所: 札幌市男女共同参画センター 4階 研修室1

札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

参加費: 一部 300円 二部 200円(会場使用料として)

◆お話会ではお菓子付きです。お飲み物はご持参ください(自販機あります)
◆お話会終了後、会場を開放しますのでお食事、休憩にご利用ください。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

9 名前: 北海道OCDの会

2015/12/16 (Wed) 22:43:15

第10回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成28年2月6日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階 研修室2
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方
OCDに関わる医療従事者の方々
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会 hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

8 名前: 北海道OCDの会

2015/10/07 (Wed) 00:25:47

第9回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年12月5日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階 研修室2
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方
OCDに関わる医療従事者の方々
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会 hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

7 名前: 北海道OCDの会

2015/08/04 (Tue) 17:36:56

第8回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年10月3日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階 研修室2
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方
OCDに関わる医療従事者の方々
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会 hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

6 名前: 北海道OCDの会

2015/06/07 (Sun) 10:42:58

第7回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年8月1日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階 研修室1
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会 hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

5 名前: 北海道OCDの会

2015/04/10 (Fri) 11:18:43

第6回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年6月6日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター3階 多目的室
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

4 名前: パール

2015/02/25 (Wed) 22:16:43

第5回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年4月4日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階 研修室2
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※お飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

3 名前: 北海道OCDの会

2015/01/08 (Thu) 10:29:42

第4回 北海道OCDの会 お話会

日 時 平成27年2月7日(土) 13:30~17:00
場 所 札幌市男女共同参画センター4階研修室
    札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内 JR札幌駅北口より徒歩5分
    http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/
    参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)

※恐縮ですがお飲み物はご持参願います。

『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

2 名前: 北海道OCDの会

2014/10/31 (Fri) 18:25:20

            
第三回 北海道OCDの会 お話会

日時  平成26年12月6日(土)
    13:30~17:00

場所  札幌市男女共同参画センター(エルプラザ)
     3階 多目的室
     札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内
     JR札幌駅北口より徒歩5分
     http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

   参加費 300円(お茶菓子代会場使用料として)


『北海道OCDの会』とは。
北海道在住の強迫性障害(OCD)に関わる当事者(患者)その家族が
強迫に囚われることをやめて、本来の人生の目的に向かって生きることを願い
共に勇気と希望と癒やしを分かち合うことで回復を目指すことを目的としています。
お話会では「言いっぱなし聞きっぱなし」のルールを大切にします

医療機関で強迫性障害(OCD)と診断された方,
インターネットや本でOCDについて学んだ方,
自分と同じ病気の人に会ってみたい方,
家族の対応について同じ苦労をした仲間から学びたい方,
何よりも病気の辛さ,家族の辛さを語りたい方など
様々な方に集まっていただきたいと考えています。
予約は必要ありません
会の途中で入退室は自由です
お気軽にどうぞ。


お問い合わせ 北海道OCDの会hokkaido.ocd@gmail.com
ホームページ http://hokkaidoocd2014.web.fc2.com/index.html

  • 名前: E-mail(省略可):
お話会のテーマ
1 名前:冬虎

2016/10/28 (Fri) 07:47:23

お話会のフリートークで質問を募っても何も出なくて
せっかくの時間を有効に活かせないときがあります。

なので、聞いてみたいことを思いついたら
忘れないうちにここに書いてみませんか。

ただし、お話会で取り上げることを保証するものではありません。
長文、トピズレ、質問への回答はナシでお願いします。

4 名前:

2017/04/06 (Thu) 20:16:52

たまーに訪れる無口な時間用の質問なので、
約束なんて全然出来なくて大丈夫です!

せっかく出された質問や発言が
さえぎられるのはもったいないので、
次回のお話会でみなさんからの質問や発言があれば、
どんどん発言していただきたいと思っています。

私からの質問は次回以降に回して下さって構いません。

お気遣い下さってありがとうございますv

3 名前:ショート

2017/04/05 (Wed) 23:31:57

花さん

せっかく花さんからの提案なので、
少しでも話せる時間を作りたいと
思います。
当日の人数とかで、はっきり約束できなくて、
ごめんなさい。

2 名前:

2017/04/04 (Tue) 20:39:09

聞いてみたいことがふたつあります。

①どうすれば自分の失敗を許せるようになるのか。

②考えている段階では本当にどうでもよく、
気にならなくなっているのに、
その場面になったらやっぱり強迫行為を
行ってしまう方はいらっしゃるのか。

①は不完全恐怖ではない方とか、
当事者ではない家族の方等の、
当たり前の感覚をお聞きしたいです。

②は私自身がそうで、
考えてることとやってることが
どうしても噛み合ってないんですよね。
考えている強迫観念を実行するのはわかるんですけど、
本っ当にどうでもよくなったことをやり続ける
自分の意味がわからない(苦笑)

4月8日のお話会はDVD視聴会があるので、
フリートークの時間はあんまりないかも。。。

もし取り上げられそうな内容でしたら、
気長~~~に待っていますので、
よろしくお願いします(^-^)v

  • 名前: E-mail(省略可):
無題
1 名前:ヤマザキ

2017/03/30 (Thu) 13:42:22

実際私も記事を読んで物足りなさを感じました。
会を否定されたようで思わずの反論でしょうが、考え方は色々ですし、もう少し穏やかにやりましょうよ。

冬虎氏もくまこさんも大変ですよね

2 名前:くまこ

2017/04/06 (Thu) 17:53:15

知って欲しかった、同じような思いをされている方の希望にもなりたかった。心外にされた私は、人間不信に陥りました。会の参加も、掲示板の書き込みも躊躇しています。

心外で申し訳ございませんでした。

  • 名前: E-mail(省略可):
つぶやき部屋
1 名前: たつる

2016/04/03 (Sun) 15:44:10

気軽につぶやける所があるといいな♪と思って作ってみました(*^^*)

病気のこと、仕事のこと、家族のこと、私生活などなど…好きにボヤいて下さいm(__)m

!!注意点!!
言いっぱなし聞きっぱなし、見っぱなし書き込みっぱなしをなるべく守るようにお願いします。

何をつぶやいてもOKですが、誹謗中傷や荒らし的なコメントはお控えください。


89 名前:

2017/04/03 (Mon) 23:29:40

まことさん

つらい中でも感謝の気持ちがどっしりと
心の中にあって素晴らしいですね。

不調を乗り越えて参加していたお話会でも、
お茶目な笑顔で山内惠介さんの宣伝部長としての
任務を全うしていて、更に素晴らしいです(o^-')b !

私はTVや新聞等で山内惠介さんを見る度に
キラキラ衣裳のまことさんを思い出してしまいます(笑)

愚痴や泣き言ばかりで弱気になっていましたが、
まことさんの書き込みで元気をもらいました(^-^)v

4月のお話会でもお会いしましょう!

88 名前: ふくざわ

2017/04/03 (Mon) 22:33:08

まことさん
ツーショット写真、見せてくださいね。
絶望の淵に生きて、辛い思いをしてきたけれど、ご家族や沢山の人との関わりで再起することができたのですね。
こうして恵介さんの歌に感動したり、色んなことにチャレンジできるのも
沢山の方の支援だけでなくまことさんの負けない心の強さがあったからこそではないでしょうか。
調子の悪い時のやり過ごし方を学びながら、楽しいことに目を向け前進できるのは素晴らしいことですね。
ほめっせーじをさせてもらいながら私も元気をもらいました。

87 名前: 山内惠介の大ファンのまこと

2017/04/02 (Sun) 20:54:45

こんばんは。ここ1週間体調が思わしくありません。服薬の時間がずれて、朝起きるのも12時頃。今日はこのままでは良くないと思い、床屋に行ってさっぱりしました。春なので体調も冴えないのかなと思いつつも・・・新年度ですが早いもので発病して12年目を迎えました。地獄のような入院生活。病棟に響きわたる声で泣き叫び、薬の副作用で体もボロボロ。人生も終わりかなと思いました。ですが、亡き父と母、同級生、病院で出会った患者さんは私を見捨てず、支えてくれました。ここまで回復できたのは、色々な支援があったからだと思います。心より感謝致します。話は変わりますが、先月は山内惠介さんのディナーショーとコンサートで大忙しでした。ディナーショーでは初のツーショットを撮れました。そして3月29日には新曲「愛が信じられないなら」がリリースされました。大ヒットの予感あり。山内惠介さんは「もう1人の主治医」だと思っています。これからも惠ちゃん一筋で生きていきます。4月のお話し会に皆様とお会いできるのを楽しみにしています。明日から体をリセットして頑張るぞ~!!

86 名前: ふくざわ

2017/03/31 (Fri) 17:23:30

ちゃんよさん、嬉しい報告をありがとうございます。

苦悩の最中、求めていたものは「治った」という情報で
ネットで「強迫性障害 治る」と夢中で検索しました。
一人でもいいから治った人の話が聞きたい。と名古屋の会に参加したものです。
ですから、ちゃんよさんのような社会復帰の報告は本当に嬉しい(*^^*)

たとえ再び強迫観念が襲ってきたとしても
またそこから立ち直る自信にもつながると思います。
この経験がこの先の人生を豊かなものにしてくれると信じて
私も応援しています。

85 名前:ちゃんよ

2017/03/31 (Fri) 14:09:19

今月初頭より社会復帰しました。
他の人と同じく通常業務に就いています。
現在、強迫の症状らしきものが出るのは10日に1回ほど。
症状といっても、「ちょっとあれ気になるなー」くらいのレベルです。
まだ完治とまではいきませんが寛解レベルまでは回復しました。

仕事はもちろん日常生活すらも立ちいかなくなり、泣いて親に電話したあの時から早1年半。自分が強迫性障害ということもこの時知りました。当時の仕事を辞め、傷病手当金をもらいながら生活の全てを治療に捧げました。いろいろな困難もありましたが、今こうして普通の生活を取り戻せたことにより幸せを噛み締めています。

人それぞれ事情も状況も違いますが、適切な方法で適切な時間をかければ強迫性障害は治ります。私がその証明です。病気に向き合い、治療に励むというのは時に大きな苦しみもあり、生半可なものではありませんが、この掲示板を拠り所にみんなで一歩一歩着実に前進していきましょう^ ^

上からの物言いで申し訳ないですが、誰かの役に立てば幸いです。
本にも書いている通り、医者も言っている通り、強迫性障害は治ります。
希望を失わずお互い頑張りましょ^ ^

84 名前:ゆうじ

2017/01/30 (Mon) 04:02:12

花さん、お気遣いありがとう!久しぶりに、掲示板をのぞいたら、賑わっていて嬉しいです。僕は、OCDもそうだけど、一人一人の人間に関心があります。OCDでひとくくりに出来ない、それぞれの個性。
いつも顔を合わせる人もそうだけど、いつの間にか、参加しなくなった人、一度だけ来て、通り過ぎてしまった人。
一声、声をかけていれば違ったのかな?何か、手助けのヒントを、あたえられたのかな?そんなことを考えます。
強迫歴は長いけど、社会人として未熟な僕は、強迫を抱えながら社会人として生活している多くのみんなを尊敬しています。一方で、現実から逃避している自分に劣等感を抱いてもいます。
創作に打ち込んで、社会人として一歩を踏み出し、OCDを逃避の言い訳にしなくなれたら、また参加したいと思っています。
OCDの会の活動が、もっと遠くへと広がって行きますように!

83 名前:

2017/01/22 (Sun) 20:59:52

状態悪いですよー(>_<)
でも、新しいスレッド『叫べ~~~!!』だと
お恥ずかしい姿になりそうなので、
つぶやきにしました(笑)

本当、休日に悪化するってどうしたら良いんでしょう。
暖かい部屋でぬくぬくしてる人がいっぱいいると思うのに、
私は強迫のせいで家に居られず、強迫に振り回された後、
やっとの思いで帰宅しました。
疲れてるのに壊れない頑丈な身体。。。
親に感謝。。。ですかね(T_T)

なごやメンタルクリニックの原井宏明先生が
『強迫は休んでも治らない』と仰っていたそうなのですが
(龍たまこ著『規格外な夫婦』より)、
私はこれかなーと思います。
うつ状態でも、強迫の方が勝ってるから頑張れちゃうし。
自宅が一番つらーい(>_<)

プラス
『叫べ~~~!!』の方を見て思ったことです。
(叫びじゃないので、こっちに持ってきてしまいました)

相手との距離感は難しい問題ですね。
でも、そっとしておいて欲しい人もいると思うけど、
言葉を掛けられて嬉しい人もいると思います。
ゆうじさんは『自分のため』だったとのことですが、
相手の苦しみを和らげたい、楽にするお手伝いをしたい、
という気持ちも本物だと思います。

アルコール依存症の治療をしている先生が
『自助グループは治療に効果的だ』と話していました。
そして『言いっぱなし、聞きっぱなしが原則。
また、回復者からの助言が有効に作用することがある』とのことでした。
回復者の話に支えられる人も確かにいるんですね。

『言いっぱなし、聞きっぱなし』は人により解釈が違うと思いますが、
私は『他人へのアドバイスや意見の押し付け、ダメ出しはNG。
返事をする義務も無し』と思っています。
でもアドバイスではない『自分の時はこうだったよ』
なんてお話や励ましはあってもいいんじゃないかなって
思っています。
実際、ゆうじさんの優しい心遣いに励まされた方も
いらっしゃると思うんですよね。
なので、これからも掲示板への書き込みや、
お話会での発言を続けていただきたいと思います。

こうして書くのが『言いっぱなし、聞きっぱなし』の原則に
反していたらごめんなさい。
長文もごめんなさい(^ ^;

82 名前: ゆうじ

2017/01/17 (Tue) 22:45:42

「逃げ恥」のない火曜日。
新しく始まったドラマは観ないで、パソコンに向かっています。

偶然だけれど、今日、病院に薬をもらいに行ったら、事務の人に、「次回は、先生の診察を受けて下さい」と言われた。
以前、書いたように、先生とは、バントバーでハグした間柄。次回とは、四週間後だ。
僕はその夜、ステージで、「また逢う日まで」を歌ったのだが、先生との「また逢う日」は、意外と早かった!半年程してからなら、ほとぼりも冷めて!?いるだろうに。
今から、何だか、気恥ずかしくてたまらない。どんな顔で会えばいいんだろう?先生も、同じ気持ちだろうか?

先生は、六十代後半の男性だ。
もし、先生が、女医で、石田ゆり子か井川遥のような美人だったら――ここから僕の妄想が始まる。

「この間の夜はごめんなさい。すっかり酔ってしまって。プライベートな時間とは言え、主治医失格ね」
「いいえ。あの晩の先生は可愛かったです。また、先生の素顔が見たいな」脳内で、僕は、すでに、竹野内豊になっている。

そんなシチュエーションは……ないな、やっぱり。

81 名前:

2017/01/13 (Fri) 23:23:45

さっき、仕事に関するモヤモヤと強迫観念、
プラス強迫行為の疲れで、とある商業施設内のベンチに座って
スマホをポチポチ触っていたところ、
お話会の参加者さんと偶然お会いしました(^ ^)v

声を掛けられて顔を上げてびっくり!
しましたが、嬉しかったですv

でもとっさのことだったので、12月のお話会の後、
イルミネーションを見た帰り道で話したハーゲンダッツを
無事に買えたのか訊くのを忘れてしまいました(笑)

次のお話会で教えてくださいねー♪

80 名前:冬虎

2017/01/04 (Wed) 15:21:24

会の情報発信をしっかり担えるように文章と写真を上達させたい。確認を恐れずに投稿できるようになりたい。そのためのブログでもある。文章のプロである新聞記者の助言も得たい。デザインとパソコンもさらなるスキルアップを目指したい。既存のリソースを使ったホームページは退屈だと言う人もいるが、きっちりカスタマイズできる技術とセンスがあればじゅうぶん個性を出せるはず。バリデーションに通るコーディングだって重要だ。それがネットで公開するための「ルール」だから。正しく表示できなければアクセスしてくれる人にだって申し訳ない。

79 名前:たつる

2016/12/21 (Wed) 00:04:08

今日は火曜日♪で逃げ恥の日でしたね☆

みんなハッピーで取りあえず終わったけど〜短い時間に詰めすぎじゃないかぁ〜(>_<)あと3週くらいやってくれりゃあよかったのに(^_^;)
平匡の転職まで見届けたかったよぅ〜(>_<。)リストラに全然触れてないしぃ〜( ̄∇ ̄;)

でもよかった!!みくりが平匡にやってきたこと、そのままみくりがピンチな時に平匡から返ってきて泣けた(;_;)

普段はドラマを見ない私も逃げ恥にははまっちゃいました。まだ見てたかった…完全にロスです(^^;)

78 名前: ゆうじ

2016/12/13 (Tue) 19:32:12

皆さんは、今人気のテレビドラマ「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」をご存じでしょうか?
奇抜な設定ながら、不器用な恋する男女の、心の機微を丁寧に描いたこのドラマを、僕は、毎週楽しみに観ています。
先週、金曜日の夜、僕が遭遇した不思議なひとときは、このドラマに導かれるようにして始まりました。

ドラマのエンディングで歌われている、主演でもある星野源が歌う「恋」を歌いたくて、時折行くバンドバーに僕は出掛けました。
この店のマスターは、長年バンドのボーカルとギターをやっていて、いつも、一緒に歌ったり、アドバイスをくれたりします。
客席の前にはステージがあって、そこで、マスターや常連さんたちの演奏があり、僕も飛び入りで歌わせてもらったりしています。

その金曜日の夜、マスターとの会話で、今夜は忘年会の団体さんが来ることを知りました。
それがなんと、僕がかつて入院していて、今も、薬をもらいに通っている、市内にあるS病院の忘年会だとのこと!
僕が入院していた当時の看護師さんたちも来るのかな?懐かしいな!どんな歌を歌うんだろう?
懐かしさと好奇心が照れくささに勝って、僕は、S病院のみんなが来るのを、カウンターに座って待っていました。

午後9時過ぎ、一次会ですでに飲んでいたのでしょう、陽気な一団が笑いながら入ってきました。総勢28名と幹事さんが告げて、忘年会が客席で始まりました。
僕の知っている顔は、看護師さんが一人、男の介護士さんが二人、ケースワーカーの男性と、四人だけでした。
随分、変わったんだなあ、と感慨にふけっていると、少し遅れて入ってきた中年の男性が……それは、僕の主治医で院長のN先生でした。N先生とは、一年に一度、会ってお話しします。
すっかり酔って、病院では見せたことのない笑顔を振りまいています。
酔うと変わるとは噂に聞いていましたが、明るいいいお酒でした。それにしても、あまりの変わりぶりに驚いていると、マスターがステージに出て演奏を始めました。
オールディーズを歌った後、「お客さんもステージで歌いませんか?」といつものMC。
すると、N先生が手を挙げ、ステージに登場。往年のグループサウンズの名曲「長い髪の少女」を歌いました。中々やるな、先生、と思っていたら、
更に、マスターがいつものように、「ゆうじさんも!」と、カウンター席の僕に呼びかけます。
マスターには、僕の病気のことも入院していたことも話しているので、気軽に声を掛けてくれたのでしょう。
僕も、すっかり懐かしさと嬉しさで気分が高揚していたので、すぐステージに上がりました。
ステージから、N先生に呼びかけると、驚くと思いきや、「ゆうじさんも歌うんだ!」笑顔でステージに寄ってきて、両手で握手してきます。
「以前、病院のクリスマス会では、テレサ・テンの『つぐない』を歌って優勝しました。今夜は、S病院の皆さんのために心を込めて歌います」と前置きしてから、
マスターの伴奏で、いつも歌う尾崎紀世彦の「また逢う日まで」をいつも以上に熱唱しました。
ステージを降りると、先生が僕に駆け寄り、また両手で握手をしてくれ、更に、「ハグしよう!ハグ!」と言われました。
主治医の先生とハグする日が来ようとは!
先生が、ドラマで新垣結衣演じる、みくりだったらいいのになあ、などと思いつつ、固くハグしました。先生、今日は金曜日です。ハグの日ではありませんよ。

退院してから、約15年。
色んな複雑な思いが胸に去来した一夜でした。懐かしさ。切なさ。嬉しさ。寂しさ。

僕がその夜、最初にカラオケで歌った「恋」を先生は聴いていたのかな。



77 名前: ゆうじ

2016/11/02 (Wed) 11:11:55

今日、画期的に強迫を改善してくれるかも知れない商品を、アマゾンに注文した。

それは、「電動歯ブラシ」

僕は、歯磨きに、30分ほどかかる。磨く歯の順番を守り、口を丁寧にすすぎ、そうして一連の動作を終えるまでにそれくらいかかってしまうのだ。
以前は、倍の一時間近くかかっていた。
時間が長いだけでなく、精神を集中して磨くので、本当に疲れてしまう。

随分前に、電動歯ブラシを使っている横浜の友人から、その使い良さ、歯磨き効果のことは聞いて知っていた。
しかし、やはり、子供の頃からの長年の習慣を変えるには躊躇があった。
現在は、超音波を発生して歯や歯肉を自然に優しく磨く方式が、主流になっていて、歯科医師が薦めているものもある。
歯磨きに要する時間は、わずか2分だそうだ。
にわかには信じがたい短さだ。現在の10分の1以下ではないか!
そこで、今日、思い切って注文した。それも、最新のやつを。だから、結構な値段だ。
ああ、痛いっ!歯ではなく、思わぬ出費が……。

さて、僕のふところ同様、11月に入り、北海道も一段と寒くなりました。
皆さん、風邪は勿論、インフルエンザや、今年流行しているという、マイコプラズマ肺炎などにも、十分気を付けましょう!

76 名前:くまこ

2016/10/29 (Sat) 13:38:18

疑ってかかるのはよくないけれど、本当かなぁ。暴露反応妨害法って聞くんだろうか?仕事でメーカーさんに問い合わせることがあり、一回で全部解決せず、5回合計電話してしまいました。私は3という数字が苦手でしたが、苦手というだけでしたが、いまは5が怖いのです。合計5回になっていたと気づいたときは、震えが止まりませんでした。ここでどうする、我慢が必要。もう一回電話したら楽になるのに、なんというか、怯えたり震えたり恐怖心でいっぱいになるのです。

他のことに目を向ける。色々やってみたものの、いてもたってもいられず、6回目の電話をかけたら、そのかたが出張中とのことで、

怪しいひとと思われていたのかもしれませんが、「帰ってくるのがいつかわからないんですよね」と言われました。毎日、「今日はいらっしゃいますか.?」tと電話するわけにもいかず、眠れむ日々を送っています。

75 名前:ちゃんよ

2016/10/26 (Wed) 17:24:28

久々に本を読みきりました。

絵本
インターネット上のサイト
新聞
マンガ
小説
ビジネス書・自己啓発書

上記の順で曝露反応妨害していき、遂に今日、最後の砦であるビジネス書を読みきりました。強迫行為を行うことなく本を読みきったのは実に2年半ぶり。

この病気になってから、当たり前のことを当たり前にできることがどれだけ幸せなことか痛感しました。また、時間の大切さも噛みしめました。治ったら、日々の出来事に感謝して前向きに歩んでいきたいです。その為に、今できることに取り組みます。

洗浄強迫、他の確認強迫もだいぶおさまってきました。
そろそろ日常生活に負荷をかける段階に移行したいです。
まずは弱から。普通に生活して症状が出ないかの確認です。
頑張ります。

(来週は雪が積もるそうです。皆様、体調管理には十分ご留意下さい…)

  • 名前: E-mail(省略可):
新聞記事の紹介
1 名前:冬虎

2016/12/27 (Tue) 13:34:38

本日の読売新聞に掲載されたコラム『師走記2016 ⑤ 悲しみ分け合う一人に』で強迫症や当会の活動について触れられています。

18 名前: ふくざわ

2017/03/31 (Fri) 10:46:21

家族が巻き込まれた生活が日常化してしまって、現状維持を続けるには従うしかない状況なのでしょうね。
弟さんもご両親もこの状態から抜け出したいと願っているのでしょう。
何から手をつけたらいいのか、何を目標にしたらいいのか、教えてくれる人がいたらお願いしたいですよね。

治りませんよと言ってしまう医療機関はなんなんでしょう。
ちゃんと向き合ってくれる医療機関に出会うことはおおきな治療への第一歩ですよね。
そこへ向かう足を「治りませんよ」なんて言われたら二度と進めることがなくなるかもしれません。

息子も一時期は自分を治せる医者なんて世界中探してもいない。もうずっとこのままだ。と言って
部屋に目張りをして閉じこもって24時間強迫にとらわれていました。
こんな風に絶望した当事者が再び治療に向けて前向きになればどこかに改善策がみつかって
普通の生活を取り戻すことができるようになる・・という経験談は
今、絶望の最中にいる当事者や家族にいくらかの希望を与えられるのではないかと思います。
熊本OCDの会で販売されている、「とらわれからの自由」を私は常に息子の目につくところに置きました。
開くこともできない時期には私が独り言のように音読したりしました。
自分だけではないということ、治せるということを気づいてほしかったのです。

一生このままでいいなんて誰も思っていないはずです。
誰かに治してもらうのではなく、どうしたら変われるか。自分で考えるきっかけが必要なのだとおもいます。

17 名前:くまこ

2017/03/31 (Fri) 06:57:26

今長文書いたら、修正しようとしたら、消えちゃいました。冬虎さん、せっかく記事を載せたり、一生懸命やってくださ
っているのに、気分を害してしまい、本当にごめんなさい。弟は、30年以上強迫を患っています。

病院でも、「強迫の人は診れません」、「世界中どこにいっても、息子さんは治りませんよ」と言われているので、両親にも記事をみせましたが、結局怖くなって、でも相談窓口がないと、うろたえていました。ocdの会への参加

も促していますが、恥をさらすだけと、いこうとしません。病気が長くなり、とにかくどうしたらよいのか知りたいといつも言っています。

どこか、誰かいまの現状を聞いてどうしたらよいかアドバイスを求めています私も精一杯です。気分を害してしまい、本当に申し訳ありませんでした。

16 名前:冬虎

2017/03/30 (Thu) 20:28:16

くまこさんのように初期の頃から何度も参加している人からあのように言われるとは思っていなかったので、つい反応が荒くなってしまいました。
物言いがきつくなったことをお詫びします。

>お話し会に当事者であり、家族であるかたは、参加されているのでしょうか?

何回か参加してくれています。昨年6月にはお話会でも食事会の席でもくまこさんと同席されています。
4月のお話会にも来てくれる予定なので、興味があったら本人と話してみてください。

読売さんも4月のお話会と食事会に来てくれる予定です。意見や感想があれば、本人に直接伝えてあげてください。
それまで強迫症に縁がなかった人が私たちに関心を持ってくれて、三日連続の記事として取り上げてくれたのは異例のことだと思います。少なくとも他の新聞ではなかったことです。
新聞の記事ですから紙面や字数の制約、締め切りの都合があったことでしょう。もしかしたら、まだまだ書き足らないと思っているのは他ならぬ記者本人かもしれません。

15 名前:冬虎

2017/03/30 (Thu) 11:33:21

そもそも「こうすれば問題を解決できる」なんて答えが簡単に手に入るなら誰も苦労しない。
だからこそみんなで一緒に考えよう、がんばろうと活動しているのに、新聞記事に案内窓口が書かれていないとか、何のためにOCDの会があるのかわからないとか批判されるのははっきり言って心外だ。

14 名前: ふくざわ

2017/03/29 (Wed) 23:24:35

くまこさんのご家族のように、強迫に限らず抜け道が見つからず苦しんでいる方が沢山いるのかもしれません。
それも長期になればなるほど、簡単なことではないでしょう。
私たちにできることがあるとすれば、まずは孤独ではないということをお知らせすることでしょうか。
記事を読んで、少しでも光が差し込むような気持になった人がいることを願います。

13 名前:くまこ

2017/03/27 (Mon) 14:02:18

今震えています。「言い尽くせぬ娘の苦悩」を読み、とても他人ごとではない気がしました。私は、お話し会では当事者として参加していますが、私の弟は強迫性障害です。病歴は私より長いです。
一度良くなり、社会に出ましたが、辞めてから引きこもり、完全に両親を巻きこんでいます。

無視をすればよいかというと、大人の大人の男が暴れるとすごいことになります。

一緒に暮らしていませんが、どなる、暴れる、茶碗をぶつける、前は、家族で住んでいましたが、怒鳴り声や暴れることにより、マンションに住んでいられなくなり、一戸建てのいえに両親と3人で住んでいます。

両親も高齢です。いつ何が起こるかわかりません。直接今の弟を見てはいないので、どれだけひどい有り様かわかりませんが、両親も途方に暮れて困っています。姉として何かできないか?考えますが、

私自身が強迫性障害で精一杯で、両親に心配をかけずに暮らすことくらいしかできないのです。記事を読み、我が家の現状と重なって見え、怖くなりました。

区役所の福祉課も不親切、私自身も精一杯で、私は、次回のお話し会に家族として参加しようかと考えています。

お話し会に当事者であり、家族であるかたは、参加されているのでしょうか?煮詰まって何のためのocdの会なのか疑問を感じています。

新聞記事では、疑問を投げかけるような形で終わっていますが、本当に、「ここに相談してください」という窓口案内はありません。世の中のひとに

強迫性障害を抱えている親の苦悩を社会に知ってもらいたいけれど、今まさにそういう状態である場合どうしたらよいかは

書かれていません。1秒を争うくらい緊迫した状態のなかで、ありがたいことではありますが、ではどうしたらよいか?私はそれが知りたいです。

弟はよくなるためにこうしようと両親が話し始めると、耳をふさいだり、怒鳴ったりして、説得が全くできない状態です。

私も将来的、今後のことをしっかり考えないといけない状況に立っています。自分のことだけでなく、家族も心配で叫びたくなることもあります。この娘さんを殺害した父親も、どこか相談窓口があったら、こういうことにならなかったと思うし、

お話し会に来ていたら、こういう結果にはならなかったかもしれないと思います。そういう意味で広報というのは、とても重要なこと。私は兄弟は、弟だけ。老いていく両親を考えながら、抜け出る道が見えないです。

12 名前:

2017/03/26 (Sun) 20:42:01

『葛藤』上、中、下とすべてを拝見し、
したためられている描写があまりにも生々しく、
読み進めるのが苦しい場面がありましたが、
裁判の経過のみならず、苦しむ当事者達の声を
カラーでこんなに大きく取り上げてもらえたことで、
もしかしたら自分はOCDではないかと感じたり、
自助グループの存在や働き、認知行動療法について知った方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

太田先生の言葉にもあるように、
私を含めてOCDに苦しむ当事者やその家族達は
生きることに絶望した人が多いと思いますが、
この連載を読んで勇気づけられたのは私だけではなく、
希望が見えた方や解決の手掛かりを得られた方は、
何人も何十人もいると思います。

この記事が苦しみから抜け出すきっかけに
なる方もいるかもしれないと思うと、
新聞記者という田中さんの仕事が
本当に尊い職業であると感じています。

『お話会に出ればよくなる!』と約束出来る訳ではありませんが、
この連載を見て4月のお話会に足を運んで下さる方が
いらっしゃるといいなと思います。
椅子が足りなくなるかもしれないですね(汗)

追伸 2月中旬の夕方、仕事の後で勉強会に出ようと
教育文化会館に向かっていたところ、
裁判所からの帰り道の田中さんとばったりお会いしました(○_○)!!
私のアドレスにメールを下さっていたようなのですが、
うまく送れなかったとお聞きし、私からメールをお送りして
無事に田中さんからのメールを受け取れるようになりました。
お話会でお会いしていなければ『知らない人』だったとか、
少しタイミングがずれていたり違う道を歩いていたりすれば
あそこで会うことはなかった。。。
等と考えると、不思議な縁を感じます(^-^)

11 名前:冬虎

2017/03/25 (Sat) 18:16:27

ここで紹介した記事をホームページからも読めるようにしました。ぜひご一読ください。
読売新聞さんには8ヶ月に渡って誠意と熱のこもった取材をしていただきました。
この記事がより多くの方に関心を持ってもらう機会になることを願ってやみません。

10 名前:冬虎

2017/03/16 (Thu) 07:47:21

読売新聞 2017.03.15 朝刊35面 『葛藤 (中) 巻き込む息子から脱却』
読売新聞 2017.03.16 朝刊33面 『葛藤 (下) 不安克服 将来に希望』

第2回の記事では、当会の世話人であるふくざわさんがOCDの息子さんを治療につなげるまでの奮闘ぶりと北海道OCDの会の紹介、意義について書かれています。
第3回の記事では、太田先生と曝露反応妨害法に取り組んだ患者さんの治療経過と太田先生の曝露反応妨害法の普及活動について触れられています。

9 名前:冬虎

2017/03/14 (Tue) 07:51:25

読売新聞 2017.03.14 朝刊33面 『葛藤 (上) 言い尽くせぬ娘の苦悩』

読売さんが昨年の夏から続けてきた取材がついに完結し、このたび記事として公開される運びとなりました。
全3回の連載で、2016年3月の事件を振り返りながら、強迫性障害について啓発する内容になっています。
第1回の記事では、事件を起こした父親の現在の心境や事件1年を経た周囲の人々の思い、北大通こころのクリニック北川先生によるOCDの基礎知識について触れられています。
※新聞はコンビニでも購入できます(130円)

8 名前:

2017/01/13 (Fri) 23:02:27

わー、今自分の記述をUPしてから冬虎さんの投稿に気づきました(汗)

エルプラザにお問い合わせ下さっていたんですね!
ありがとうございました。

私はふくざわさんから送っていただいたのですが、
他にもまだ読まれていない方がいらっしゃると思いますので、
まだの方は是非次のお話会でご覧いただきたいと思います(^-^)v

7 名前:

2017/01/13 (Fri) 22:54:22

遅ればせながら、想いを書かせていただきたいと思います。

記事の冒頭、今も続く父親の自問に胸が詰まり、言葉を失いました。
事件の前どんなに長い間悩み、苦しみ抜いたか。
そして事件の後に生まれた新たな問い、
判決は正義感だけで下せるものではないと感じました。

記事を読み、医療現場等でよく使われる
『ヒヤリハットの法則』という言葉を思い出しました。
『ヒヤリハット』とは、重大な災害や事故には至らなかったものの、
直結してもおかしくなかった、一歩手前の事例のことを言いますが、
1件の重大な事故の裏には29件の危なかった事例、
そして300件のヒヤッとした体験があると言われています。
(参考『ハインリッヒの法則』)

今回の件はこの頂点の1件にあたる重大な事件だと思いますが、
今も日々重大な事件につながりかねない限界ギリギリの状態の中で
暮らしている当事者や家族がいらっしゃるでしょう。
そして、苦しみながらもお話会に参加出来ている私たちは、
300件の中のひとりひとりのように思えます。

田中さんのコラムの中で
『孤立しがちな家族に手を差しのべる仕組みは依然不十分』と
ありましたが、地方に行けば行くほどその仕組みは築かれておらず、
OCDに関する情報の誤りや不足から、
孤独で絶望的な闘いに苦しんでおられる方が
たくさんいらっしゃると思います。
その心情を想像すると、自分すら救えない人間(私)が
偉そうなことを言える立場ではないのですが、
『何か出来ることはないのか』と焦りの気持ちが生まれます。
OCDの苦しみから解放されることは容易ではありませんが、
お話会の活動がその仕組みのひとつとして有効に機能することが、
微力ながらも私たちに出来る支えなのではないかと思ったりしています。

田中さんは様々な事件や事故に関わる中でこの事件に関心を持ち、
その背景を知りたいと自ら取材に赴いて下さったこと、
それは偶然ではないような気がします。
強迫性障害に苦しむ人の気持ちが楽になったり、
強迫を知らなかった人が知る機会になったり、
コラムの掲載を機にどんな影響があり実を結ぶのでしょうね。

また、西区の事件に対して『あれは娘が悪い』『親が悪い』
という意見が持たれないと良いと願っています。
事件については、発症の要因や辿ってきた経過が複雑で、
どちらが良い、悪いではないと思うので、
ご両親や周囲の方、また亡くなられた娘さんを
世間の皆さんに裁いて欲しくないと思います。

最後になりますが、ふくざわさん。
記事をメールでお送り下さり、ありがとうございました。
年末に読むことが出来たので、年末年始の休み中に
改めて事件について考えることが出来、とても感謝しています。

ちなみに読売新聞をエルプラザの1階で読めるかと思って
行ってみたのですが、一般紙は置いてないそうで、
読むことは出来ませんでした。
日々の購読料も結構な負担になると思うし、
館内の限られたスペースでは保管も難しそうなので、
無理もないですね。

6 名前:冬虎

2017/01/13 (Fri) 22:30:41

エルプラザの図書室に問い合わせてみましたが、一般の新聞は置いていないとのことでした。次のお話会にコピーを2~3枚持参する予定なので、もしまだご覧になっていなければそのときにでもご一読ください。

5 名前:冬虎

2016/12/29 (Thu) 08:19:28

今回の記事は、記者がこの一年で最も印象に残った事件を記すという趣旨のコラムです。そこに強迫症をめぐる問題を取り上げていただけたことはとても意義深いことだと思います。短く簡潔な内容ですが、大きなテーマをコンパクトにまとめる巧さはさすが新聞記者です。まだ先のことになりますが、当会の活動に関してさらに詳しい記事があらためて掲載される予定です。

4 名前:

2016/12/28 (Wed) 23:18:54

掲載を知ったのがその日の夜だったので
私も図書館に行こうと考えたのですが、
年末年始は休館日。。。(-_-)

なので、年が明けてから行ってみたいと思います。

エルプラザでも閲覧出来るのかなー(?_?)
あそこで見られるととても便利なのですが!

  • 名前: E-mail(省略可):
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.